FC2ブログ
となりの黄金郷(・w・)
TRPGのこと、MMOのこと、それ以外のゲームのこと、絵や近況報告など。  のんびりまったりにょろにょろと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブラス・リンドブルムの旅行記②

SIRキャンペーン「そう、アレから俺は・・・」のPC日記ですよ。
第二回のサブタイトルは~木霊の森を抜けて~


いよいよ旅立ちの朝。
旅行は好きだし、古い町並みや史跡を訪れるのって素敵。
ティーカップ以外にもバザーで何か買い求めたいところなのだけど、
やっぱり持ち合わせが心許ない。
一応デュノールへの輸送仕事が終わったら、少しだけど報酬が支払われるし。
それまではなるべく倹約しなくっちゃ。

トロウ首都と北のシリル砂漠の玄関口であるカサンドーラとの中間に横たわるのが、
トロワ公家を戴くデュノール公国。
国内でも有数の大森林「木霊の森」が領土のほとんどを占めてる上にこれといった産業がなく、森を縦断する街道交易の中継点としての印象が強い国。
隣の王都に住んでいても、木霊の森のついでに思い出すくらい印象の薄さがもの悲しい。

まあ、妙な名物や風習で悪目立ちする森の公国、って雰囲気ぶち壊しだし。これでいいのかも。
領主であるトロワ公からして、公の場に姿を見せたこともなく、何百年も代替わりしてないっていう話。
いくらお飾りの傀儡政治だからって、ちょっと投げやり過ぎじゃないかしら。

木霊の森は広大だけど、交易の為の街道はきちんと整備されていて、行きかう馬車や旅人の数も多い。
ただこちらの荷馬車を見て怪訝な表情を浮かべる人も少なくなかったけど、きっと気のせい。
あれは馬。馬だもの。

初日の出来事。広い川にかかる橋で、とおせんぼするカッパとモースがスモウ勝負した。
アズとわたしの見事な支援でモースは快勝。
カッパのかけたファナティで猛るパイフールゥがすごい迫力だった。
その夜、街道を利用した旅人の残した物らしい缶詰を手に入れた。さばみそ缶以外は怪しいものばかり。

2日目の出来事。道中の木の枝に、旅人が残した物らしい服がかかっていた。
羽衣とドレスとマワシ。
チャパカカはドレスが気に入ったらしく、さっそく着用してた。
その夜、エステバンが一雨来そうと言った矢先に雨が降り出した。
ミーリアが雨宿りできそうな小屋を見つけたのだが、そこはカッパ夫妻の家だった。
カッパは快く滞在を許可してくれたので、マントと帽子を湿らせただけで済んだ。

翌朝出発の頃、エステバンが小屋の前で膨らんだゲイ缶を発見した。
見つけなければよかったのに。
あと2日歩けば森を抜け、宿場町があるみたい。

まだ森抜けてないけど次回へ続く。

モースhttp://lune.serio.jp/sw4/data/1122394171.html
チャパカカhttp://lune.serio.jp/sw4/data/1141877772.html
エステバンhttp://lune.serio.jp/sw4/data/1165462468.html
ミーリアhttp://lune.serio.jp/sw4/data/1190995246.html
スポンサーサイト

コメント

Lさんのキャラ語りは相変わらず見事だなぁと、思いながら拝読させて頂きました。
(見つけたものの怪しさには目をつぶる)
良い旅を!
【2007/11/17 10:04】 URL | 浪漫飛行 #-[ 編集]
いつも感想ありがとうございます!
こうやって日記にPCの思考を書き留めておくと、「前回どこまで行ったっけ? 忘れてる」とか言わなくて済むんじゃないかと思うわけです。
忘れっぽい人はぜひやってみるといいですね
【2007/11/22 19:29】 URL | L #Jo.3g/BI[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

L

Author:L
=w=)あむあむ

ツイッターID:maidnoir

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。