FC2ブログ
となりの黄金郷(・w・)
TRPGのこと、MMOのこと、それ以外のゲームのこと、絵や近況報告など。  のんびりまったりにょろにょろと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラティの冒険日誌11日目

やっと薬草お使いミッションが終了。
なんかもう土日にその週の更新予約全部済ませるスタイルが定着しそう

11日目:爆裂ホウセンカとドリアのお願い

そういえば、羊ヶ原に薬草を届けに行くんでした。
ペンネがつい忘れていたというのも、今では納得です。
とりあえず身だしなみを整えて、朝食をとり羊ヶ原へと向かいます。

途中で、お腹をすかせて行き倒れているブラウニーを見つけました。
おもてなし亭へと向かう途中だったのでしょうか。保存食をあげるとすっかり元気に。
妖精って食事とかは嗜好のためで、別に必要ないと聞いていましたがどうなんでしょう。

<ブラウニー開放3人目 ★★入手>

小道を歩いていると、道端の茂みがごそごそと動いています。
というか、移動しています。10秒に8mくらい。

いぶかしく思って観察していると、突然茎が膨らんだかと思うと、硬い種子を飛ばします。
かわした背後の木に音を立ててめりこんだ種子を見て、
この植物がジャイアントバルーンシードであると気付きました。
その上空にはタ◯コプターのように回転しつつ滞空するスピンブロッサム。

「すごいシュールです」
「そうですね」

機先を制され、戦闘は非常に厳しいものでした。
剣のかけらで強化されたバルーンシードはしぶとく、グリーズが気絶しわたしも倒れかけます。
最後のヒールポーションも使い切り、満身創痍でトドメをさしました。

<剣のかけらx3 きれいな球根(300) 入手>

「大丈夫ですか姫様っ」
「だいじょうぶです、ありがとう」

初撃は外したものの、ブロッサムを会心の一撃で仕留め
ヒーリングバレットでわたしたちを援護し続けてくれたアルシュ。
彼女が居て本当に助かりました。

手持ちの救命草も使いきって手当すると、まだ傷が大きく残るまま羊ヶ原へと向かいます。
届け物である薬草袋の中身に手をつける前に、無事村へと辿りつけました。

村の代表であるスホイに薬草袋に手渡すと、彼の家を借りて休息させて貰います。

装備に若干の不安を覚えはじめたわたしは、この機会に鎧を新調することにしました。
象牙や意匠を凝らした武器などを村に売却し、スプリントアーマーを購入します。
これまで着用していた革鎧をアルシュに譲ろうかとも思ったのですが、
どう見てもサイズが合いそうにないので村で引きとってもらいました。

休息の後、アルシュが補充した弾丸を使ってヒーリングバレットで
わたしたちの傷を治してくれます。
回復手段をもっと増やさないと、彼女の負担が大きすぎますね。

昼をまわる頃、七色猫のおもてなし亭へと帰還し、ペンネにミッション達成の報告をしました。

「おっつかれさーん。 ホンマ助かったわぁ」ノ★★★
「どういたしまして」

3日半の間にいくつもの困難を乗り越え、わたしたちは心身ともに成長した気がします。
新しい防具や武器、身につけた技を確認していると、そこにドリアがやってきました。

「むっきー! クッキーを作ろうと思ったら、蜂蜜が無いではありませんの!
 わたくしの労働意欲増進のため、ロイヤルゼリーを集めてきてくださいませ!」
「いいですよ」

急にお菓子作りとか、どうしたんでしょう。
昨夜お土産に渡したラナの店のスイーツに触発されたとかでしょうか。

ドリアから蜂蜜がとれるという<5:1大樹の森>の場所を聞き、向かうことにしました。
羊ヶ原からそう遠くない場所のようですが、
早速向かったところ、道端で小妖精の群れに囲まれました。

<ランダムイベント:5>

光の粉をふりかけられ、とても切ない気分になりました。
特にこれといって悪影響は無いようですが、切ないです。

羊ヶ原に到着し、弾丸を12発買い求めたあと村人から頼まれごとを聞きました。
取引のある風車の谷へ、食材入りの麻袋を届け代金を受け取って来て欲しいとのことです。

はちみつ集めならすぐに終わるだろうとたかをくくったわたしは、
届け物の依頼を引き受けて風車の谷へと向かいました。
夜に到着し、麻袋を渡して代金の3000Gを受け取ります。

「す、すごい金額。はじめて見ました」
「そうですね。盗まれないように気を付けましょう」

いざ大金を持つと、行く道においはぎが待ち構えているように思えてなりません。
ここは裏をかいて、西の薬草園→おもてなし亭→羊ヶ原という回り道ルートを開拓しましょう。

<1:1薬草園>に到着 深夜tb

そこには、ほっかむりをして薬草園から出てくるゴブリンたちの姿が。
今日は3人も居ます。

「さてはわたしたちの3000Gを狙って待ち伏せしていましたね」
「何言ってるか知らんけど、そりゃあいいこと聞いたゴブ!」

本性をむき出しで襲い来るゴブリンたちですが、もはやわたしたちの敵ではありません。
少々の手傷を受けただけで、余裕をもって下します。★★(2回目)
彼らの武器(30)をx3取り上げると、摘まれた薬草を回収しました。
使用するとお肌がつるつるになるという美肌草。
ゴブリンでもこういうものを欲しがるのですね。

その場を片付けると、おもてなし亭を経由して、羊ヶ原へと向かいます。
代金を間違いなくスホイに預けると、未明まで休息させてもらいました。
日が昇る前に、いよいよ大樹の森へ向かいます。

<5:1大樹の森>へ移動 道をつなぐ

森の獣道を歩いてゆくと、たくさんの小人の群れがやってきました。ムリアンです。

「ぼくらと勝負してみない? 勝ったらいいものあげるよ!」
「いいですよ」

ムリアンたちは歌好きで、歌唱勝負を挑んで来ました。
彼らの合唱を上回る歌声を披露できれば勝利です。

ちなみにバード技能の無いわたしたちは相手にもなりませんでした。

ムリアンたちと別れて、森の奥へと向かいます。
ロイヤルゼリー10個を持ち帰ればミッション達成。
捜索に適した茂みの中を探し回ること1tb…

「みつけました!」
「こちらはだめです」

4時間かけて、アルシュが1つみつけたきりです。時間帯が悪いのでしょうか。
やがて朝日が昇りきり、12日目の朝を森で迎えます。

12日目に続く。
行き倒れブラウニー:★★
薬草届けて:★★★
経験点:★20個をx200で経験換算

薬草泥棒:★★(2回目)
消費・売却したもの:意匠を凝らした武器(150) 象牙(500) ハードレザー(170) きれいな球根(300)
取得したもの:武器x3(90) 魔材(200) 光精鉱x1 風精鉱x1 パックの宝石x1 スプリントアーマーx1 ヒーリングポーションx1 救命草x4 弾丸24発 剣のかけらx3 スカウトツール スパイクブーツ +20G 美肌草x2
成長:プラティ:知力 アルシュ:敏捷
技能:プラティ:セージ2→3 ライダー2→3 エンハンサー1→2)
   アルシュ:スカウト2 マギテック2→3 シューター1→2 グラップラー0→1

プラティが前衛として非常に頼りないので、序盤はアルシュが投げ専門のグラップラーとして命中補助に。
命題の回復役は騎獣のユニコーンあたりが使えるようになるまで不在のままになりそう。
場が夜で相手が五感のみなら圧倒的なんだが=w=)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

L

Author:L
=w=)あむあむ

ツイッターID:maidnoir

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。